排水管の水漏れは二次災害に要注意

排水管の水漏れは二次災害に要注意 排水管は詰まりやすい部分ですが、放置していると水漏れを起こす可能性があります。経済的にも損失を与えるため、異変が起きたらすぐ対処した方がいいです。集合住宅の人は近隣トラブルになる可能性もあります。特にマンションの2階以上に住んでいる人は、水のトラブルについて知っておくといざという時に役に立ちます。水漏れは焦らず対処することが大切です。また日頃から排水管内を掃除することは、未然防止や大きな修理を回避することにつながります。

■二次災害や経済的損失

床が濡れている時は蛇口か排水管からの水漏れが考えられます。水漏れを起こすと二次災害を起こし、経済損失が発生する場合があるので気を付けなくてはいけません。浸水で床にカビが発生すると家屋などが傷みやすくなり、修繕費用がかかります。カビは悪臭の原因にもなり、トイレの交換や床の張り替えが必要なケースもあります。家具の買い替えが必要な時もあるでしょう。湿度が多い場所を好むシロアリ発生の原因にもなるので、注意が必要です。
また電化製品が壊れるケースもあります。水による漏電は火災につながるため、家電製品のコンセントを抜くことも忘れてはなりません。排水管ではなく給水管から起こっている場合は、通常より水道代が多くかかります。

■近隣トラブルになる可能性もある
水漏れを起こすと上の階から下の階へ水がしみる可能性があります。集合住宅に住んでいる人は近隣住民へ迷惑をかけないために、水漏れが起きたら放置せずすぐ修理した方がよいです。自分の家で水漏れが起き下の階の人へ損失を与えた際は、損害賠償を請求される場合もあります。マンションの管理組合が損害賠償に関する保険に加入していれば、支払金額を抑えられる可能性もあるので、近隣トラブルが起こりそうな時は、マンションの管理組合に相談するのも一つの手段です。
水道から異音が聞こえる時は水のトラブルが起きている可能性があります。また水を落としていないのに床が濡れている時は水漏れも考えられます。近隣トラブルにならないためにも、水道は定期的に点検することが大切です。

■排水管のつまりを予防する方法

排水管のつまりは普段からこまめに掃除すれば予防することができ、悪臭対策にもなります。使用するのは重曹とお酢とお湯だけなので費用はかかりません。重曹を流して放置すると汚れが浮き上がります。浮き上がった汚れをお酢とお湯で洗い流します。洗浄時は40度から50度のお湯を使用すると油汚れが落としやすくなるので試してみてください。
市販の中性洗剤でも軽い汚れは落ちます。ただ一度に多くの洗剤を使用すると、洗剤自体が排水管内に溜まることもあります。洗剤などは少しずつ回数をわけて流し入れるようにしましょう。その際には必ず窓を開けて作業を行うようにします。さらに高圧洗浄器で定期的な掃除も行うとよいでしょう。高圧洗浄器は家庭用を使用する場合と、水道修理業者に依頼する場合があります。

■まとめ
排水管から水漏れを発見したら家具に水がつかないようにしましょう。浸水被害を最小限に留めるためタオルを巻いて、ビニールシートを敷いてください。電化製品は水漏れしている部屋から遠ざけることも大切です。水のトラブルはいつ起きるかわかりません。少しでもトラブルを減らすために日頃から掃除と点検を行うことは大切です。
トイレの交換など大掛かりな修理にはまとまった費用が必要になります。修理費がすぐ払えない時は、クレジットカード決済が可能な水道修理業者を探すとよいです。水回りの異変を感じたら水道修理業者を呼んで早急に解決させましょう。24時間対応している水道修理業者なら待ち時間も少なく安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース